Web Direction Magazine

新卒webディレクターのユウジが立ち上げたブログ。webやIT関係の記事を主に書いています。自分の成長の記録である「定点観測」では日々の気づきを記しています。

【スポンサーリンク】

【スプレッドシートHack】関数で複数のファイル/シートに同じ内容を記入する方法

 

f:id:webdirection:20170930215018p:plain

 

Excelほどはイケてないとよく言われるスプレッドシートの活用術をご紹介するspreadsheet Hack。僕がイケてると思う機能を紹介していくので、ぜひみんなでスプレッドシートを使い倒しましょう!

 

2回目の今回は、複数のファイルやシートに1回で同じ内容を反映させる方法です。

 

 

方法は2つあります。1つ目は関数を使う方法。もう1つはGASというJSコードを使用する方法。今回は前者で作っていきたいと思います。

 

 

ということで今回使用する関数がこちら。

 

 

<importrange>

 使い方はimportrange("スプレッドシートキー","シート名!参照範囲")とするだけ。

必要なのは、

・スプレッドシートを特定する情報

・シートを特定する情報

・参照するセルの範囲を特定する情報

の3つです。

 

 

ちなみにスプレッドシートキーとは、例えば

https://docs.google.com/spreadsheets/d/xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx/edit

となっている赤字の部分です。

 

 

では実際にどう使うのかを見ていきましょう。

 

①転記用のスプレッドシートに関数を入力

仮にシート名をシート1とします。

=importrange("xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx","シート1!A3")

 

すると以下のようにLoading...となります。

※この際、自分がオーナーではないスプレッドシートからデータを取得しようとしている場合は、そのシートへのアクセス権限が必要になるので管理者にもらえるようにお願いしましょう。

f:id:webdirection:20171102184854p:plain

 

②引用元のスプレッドシートにデータを入力

以下のように入力して見ました。

f:id:webdirection:20171102184359p:plain

赤枠部分が①で指定したセルになります。

 

③取得完了

これで取得が完了しました。

f:id:webdirection:20171102185900p:plain

 

この方法を応用すれば、複数回転記が必要な場合でも1度入力すれば全てに反映されるように設定できます。

ぜひ活用して業務効率をupしてもらえたら嬉しいです!

【スポンサーリンク】