Web Direction Magazine

新卒webディレクターのユウジが立ち上げたブログ。webやIT関係の記事を主に書いています。自分の成長の記録である「定点観測」では日々の気づきを記しています。

【スポンサーリンク】

最低限やっておきたいSearch ConsoleのSEO対策2選

 

f:id:webdirection:20170930211117p:plain



 

今回はブロガーならほとんどの人が使うであろうGoogle Search Consoleの使い方について書いていこうと思います。

 

Search Consoleでは大きく分けて2つのことをしています。

①検索クエリの調査

②ページのインデックス登録

 

それでは順番に見ていきましょう。

 

①検索クエリの調査

管理画面の左側にリストがあるので、そこから「検索アナリティクス」を選択します。

 

すると以下のような画面になるので、下の方にある検索クエリを確認します。

f:id:webdirection:20170930213055p:plain

 

ここで多いものは、ユーザーのニーズとして多いということなので、その検索の結果として課題が解決したのか、求めていたものに辿りづけたのかを確認します。

 

 

 

②インデックス登録

Google Search Console上で「クロール」→「Fetch as Google」を開きます。

f:id:webdirection:20170930213141p:plain

 

 

赤枠部分にリンクを入力します。

 

f:id:webdirection:20170930213216p:plain

 

 

「PC」を選択して取得ボタンを押します。

 

f:id:webdirection:20170930213238p:plain

 

 

同様に「モバイル:スマートフォン」でも取得ボタンを押します。

そして「インデックスを登録」ボタンを押せば完了です。

f:id:webdirection:20170930213307p:plain

 

 

ちなみに押した後は、以下のようなポップアップが出ますが、2箇所にチェックをつけて送信して完了になります。

f:id:webdirection:20170930213325p:plain

 

 

こうすることで、新しくできたページをGoogleのクロールロボットにお知らせすることができます。

 

 クロールロボットがなんたるかはまた後日。

 

 

SEOにも関わってくる内容なのでぜひ押さえておきましょう。

【スポンサーリンク】