Web Direction Magazine

新卒webディレクター。webやIT関係の記事を主に書いています。

【家計簿PDCA】家計簿特別公開

就活をされている方にとって、就職後のお金のやりくりは非常に重要な問題だと思います。

 

 

これまでに一人暮らしをしていた経験がある方であればある程度想像できるかもしれませんが、就職後初めて一人暮らしをするという人はお金の管理が難しくて大変なんだろうという印象を持ちがちなのも事実です。

 

そこで今回は新卒でweb業界に就職した私の家計簿を特別に丸々公開したいと思います。

新卒で就職するときの支出の規模感を知って頂けたらと思います。

 

ちなみに前提として以下3点を押さえておいて頂けるとわかりやすいかと思います。

・可能な限りクレジット払いをしている:同じ支払うならポイントがつくクレジットで払おうというのが私の考えです。もちろん火の車にはなりません。笑

・予算を決めて実績値と比較して予算の消化具合を確認している(残高欄)

・基本的に自炊をして会社にも弁当を持って行く弁当男子(笑)

 

なお、項目のネーミングセンスに関する質問やクレームは受け付けません笑

 

それでは見ていきましょう。

 

5月

f:id:webdirection:20170715152321p:plain

出費合計:246,580円

補助を含めた差し引き:150,063円(家賃補助、交通費補助など)

 

まずは5月。

食費は想像以上に抑えることができた月でした。そしてストイックに遊ばずに過ごせた月でした。※1週目はGWのため帰省していたので3週間で21000円です。

 

基本的に自炊していて、1食300円くらいで過ごせることがわかったのも大きな収穫でした。コンビニで買っても300円に収まるなら同じですからね。

それを元に6月からは1食300円で押さえられるメニューを考え始めました。

 

 

6月

f:id:webdirection:20170715152327p:plain

出費合計:181,841円

補助を含めた差し引き:145,054円

 

6月は好きなことにお金を使った月となりました。

ファッションや趣味・娯楽が大きく赤字になっているので丸わかりですね笑

 

ただ、この月も食費としては28000円ほど。結局1食計算で300円ほどになります。

6月は基本的にフルーツと肉だけのお弁当で炭水化物を無くした月でしたが、金額的にはほとんど変化はありませんでした

 

2ヶ月の傾向から月間の出費は150,000円ほどと考えておくといいかもしれません。
※家賃などの固定費を下げていることが前提です

7月(2週間経過時)

 

f:id:webdirection:20170715152254p:plain

出費合計:224,066円

補助を含めた差し引き:78,392円

 

7月は受験料の支払いでかなりお金が出ているので出費合計は高めです。

しかし私の勤務先では資格取得の支援制度があり、受験料を補助してもらえるので全額返ってきます。なので差し引きがまだ78000円ほどになっています。

 

今月もファッション関係の出費が多めでした。

また食費も2週間で18000円なのでかなり高めです。

要因としては週1回ランチを外食にしたこと、コンビニでちょっとした食べ物を買う機会が増えたことが大きいかなと思っています。

 

節約頑張ります笑

 

 

まとめ

以上2ヶ月半の経過を見ていただきましたが、出費を抑えるコツは2つあると思います。

 

1つ目は、固定費を下げること。例えば家賃や水道光熱費、携帯の使用料など毎月確実にかかるものです。これをいかに下げられるかが大きなファクターになると思います。

 

2つ目は、毎月の出費を確認してどこがどのくらい増えていて、何故なのかを考えること。要するに家計簿PDCAを回そうよ、ということですね。

 

そのためにもぜひExcelなどで家計簿を作って見てください。

生活を俯瞰するいい手段ではないでしょうか。