Web Direction Magazine

新卒webディレクターのユウジが立ち上げたブログ。webやIT関係の記事を主に書いています。自分の成長の記録である「定点観測」では日々の気づきを記しています。

【スポンサーリンク】

3ヶ月でSEOトップに立った初心者ブロガーのSEO対策9選

 

f:id:webdirection:20170930221454p:plain



2017年8月13日に複数検索語でSEOトップに立ちました!

今回は3ヶ月でSEOトップに立った私が行なったSEO対策をご紹介します!

 

 

 

そもそも何においてトップになったのかというと、「gaiq 問題 解答 最新版」の4語です。以下が本ブログの6月末の検索順位と8月中旬の検索順位です。

f:id:webdirection:20170930223632p:plain

 

6月27日に「gaiq 問題 解答 最新版」で検索した際には4位でした。

しかし8月13日に同じ検索語で順位を調べたところ、なんと1位を獲得していました!

 

しかも4語での検索順位だけではありませんでした。

 

 

3語でも。

f:id:webdirection:20170930223650p:plain

 

 

そして2語でも獲得していました。

f:id:webdirection:20170930223730p:plain

 

残念ながら1語(gaiq)での検索順位は33位でした笑 

 

 

 

では3ヶ月でSEOトップに立つために何をしたのか。

 

Googleも言っていますが、ユーザーの役に立つサイトを評価するというアルゴリズムに最近変更になっています。

 

 

なので、数年前(webやIT関連のサイトであれば1年前でも△)の記事があるとコンテンツの新鮮さという点でよくないと思っているのですが、「GAIQ」関連の記事はほとんどが2016年以前のものでした。

 

 

そのため「その点で上回れば自然と勝てるんじゃないか」という仮説のもと、大きく分けて、ポジショニング・サイト設計・運用の3つで以下のような対策を行いました。

 

 

  

ポジショニング

これはどんなサイトにしたいか、という話です。

どんなユーザーにどんな情報を届けるのかというブログの目的、ターゲットユーザーの決定をします。具体的にしたのは以下の2つです。

  

ニッチ戦略

まずはブログの分野を絞りました。

そのために以下の「キーワードプランナー」を使って、キーワードごとのボリューム(ユーザーのニーズ)を把握しました。

https://adwords.google.com/ko/KeywordPlanner/Home

※adwordsへの登録(支払い情報の登録)が必要ですが無料で使用できます。

 

 

あまりに少なすぎるキーワードを狙っても流入は増えませんし、かと言ってボリュームの大きいキーワードを狙うとレッドオーシャンになるので、そこそこボリュームもありつつ、競合の少なそうなキーワードを狙いました。

 

f:id:webdirection:20170930223800p:plain

 

 

キーワードプランナーで確かめてみると、「gaiq」の月間平均検索ボリュームは1000~1万とそこそこボリュームが少なめです。一方で「adwords」は1万~10万と比較的多めの結果となっています。

※表の右側は広告をadwordsで出稿した際の推奨入札単価なので無視で大丈夫です。

 

 

私の場合、スタートダッシュの段階ではあまり多くのユーザーを狙ってもしょうがないと考えて「gaiq」をキーワードとして設定しました。

 

 

ここで注意するべきなのは、あまりキーワードを広く取りすぎて分野が拡散しすぎないということです。

例えば、「gaiq」と「フルーツ」などを同じサイトでキーワードとして扱っても分野が全く異なるのでやめた方が良いでしょう。

 

 

サイト内でテーマが異なる記事があってもユーザーはあまり回遊してくれません。似たコンテンツがあるからこそ、興味を持ってくれて回遊してくれます。広げすぎず、分野を絞ることが大事だと考えています。

 

 

 

 オリジナルで攻める

次にしたのは、決めた分野の中でどんなコンテンツを扱うかということです。自分のオリジナル性を出せる分野で勝負するべく、私の場合は、業務で関わるwebや広告について、また業務で学んだこと自体を発信する内容として設定しました。

 

 

キュレーションサイトの問題もあり、Googleはオリジナル性を重視するようになっています。他のサイトのコピペが多かったりするとSEOトップには立ちづらくなります。自分だからこそ、ユーザーに還元できるノウハウや経験、情報はなんなのかを考えましょう。

 

 

 

 

サイト設計

これはどんな構造のサイトにするか、という話です。

ユーザビリティを上げるためにも構造は非常に重要です。わかりやすい設計にするために私がしたのは以下5つです。

  

シンプルな設計

当然のことですが、わかりやすいサイトの方がユーザーとしては嬉しいです。

ではわかりやすいサイトとはどういうサイトのことでしょうか。

 

私が考えたのは「シンプル」であること。シンプルさを考えて作ったのが本ブログです。以下ポイントです。

 

  • ナビゲーションをキービジュアル(トップページ上部の画像)の下に配置することで、遷移してすぐメインコンテンツを確認できるようにする。
  • 検索をしやすいようにサイドバーに検索ボックスと最新記事、カテゴリなどを並べる。(PC版のみ)
  • トップページでは気になる記事に飛べるようにサムネイル画像と要約文のみを掲載する。

f:id:webdirection:20170930223823p:plain

 

 

  

もう1つのポイントはパンくずリストです。

f:id:webdirection:20170930223841p:plain

ユーザーがどの位置にいるのかを把握できるようにするものですが、可能な限りわかりやすい設定をしておきました。具体的には以下2つです。

  • 階層は3階層まで
  • カテゴリーの数を増やしすぎないで、うまくグルーピングできるラベリングをする

 

 

サイト構造はユーザーにとってわかりやすいかを考えることが大切です。

樹形図を作るなどして階層構造をわかりやすく設計しましょう。 

 

 

 

hatenaブログの有料化

サイトのコンテンツにマッチしない広告を消して、ヘッダーやフッターを編集するためにhatenaブログの有料会員になり、また独自ドメインを取得しました。

※今サイトに出てる広告はGoogle AdSenseの広告です。

 

 

赤枠部分のSNSフォローボタンとページ下部まで来た時に出てくる「TOPへ戻る」ボタンを追加しました。簡単にフォローでき、スクロールせずにTOPへ戻れるようにすることでユーザビリティ向上を目指しました。

f:id:webdirection:20170930223902p:plain

 

 

ちなみに余談ですが、hatenaのドメインは本来的には非常に強いので独自ドメインにしない方がスタートは良いらしいので、広告を消す・ヘッダーやフッターを編集するだけであれば独自ドメインの取得は必要ないかもしれません。私の場合は完全なこだわりでやりました笑 

 

 

もし独自ドメインを取得したいという方がいらっしゃれば以下を参考にしてみてください。さくらインターネットで独自ドメインの取得ができます。

www.webdirection-magazine.com

 

 

  

metaタグの活用

SEO対策の「基本のき」 といっても過言ではない設定です。

管理画面の「設定」→「詳細設定」で設定できます。

f:id:webdirection:20170930223930p:plain

 

 

下の方に行くと以下のような画面があるので、「ブログの概要」と「ブログのキーワード」は絶対に埋めましょう。

なお、ブログの概要(meta description)に記載した内容が、検索で表示された際にタイトル下の説明文として出てきますので、クリックしたくなるような内容にしましょう。

f:id:webdirection:20170930223947p:plain

 

 

 

パーマリンクにする

友人からリンクが共有されて、リンクの文字列だけみてもどんな内容のどんなページなのかわからない、なんてことはありませんか?

 

リンクの文字列を見るだけで、そのリンク先にどんな内容が書かれているのかをある程度理解できた方がユーザーとしても嬉しいと思うので、一目である程度理解できるようにURLをわかりやすくして、ユーザーにどういうページなのかを把握してもらえるようにしました。

 

例えば、google AdWordsの記事であれば「http............./adwords/basic」など末尾でadwordsであること、基礎試験の記事であることがわかるようにリンクを設定しました。シリーズものであれば、末尾に「/001」などをつけています。

 

 

 

 

 

※超重要※キーワードを散りばめる

タイトル、要約文、文中にキーワードをちりばめました。

タイトルと要約文に入れることで、ユーザーが検索した際にユーザーの興味に合わせたサイトであることを示せます。

 

設定は以下で行えました。

f:id:webdirection:20170930224011p:plain

 

 

この設定はmetaタグの設定と同じかそれ以上に重要です。

というのもユーザーは基本的にキーワードで検索して入ってくるので、そのキーワードとタイトルや要約文が一致してない、関係ない文章が書かれているとリンクをクリックしたくはならないからです。

 

記事を作成するごとに、その記事のターゲットユーザーが使用するであろうキーワードをタイトルと要約文、文中に入れておきましょう。

 

 

 

 

運用

これはどう拡散するか、認知させるか、という話です。

 私の場合以下2つを行っています。

 

SNSページを作成して拡散する

FacebookやTwitterのアカウントを作成し、記事を作成した後に各ページにてシェアしています。もちろんフォロワーがいないとリーチできないので、フォロワー獲得のための広告を打ったりもしました。

 

 

 

Fetch as Googleを使用する

サイトをGoogleの検索エンジンに認識させる必要があります。

方法は簡単で、Fetch as Googleを使ってインデックス登録をリクエストするだけです。

 

私の場合、記事を更新するごとにリクエストを送信しています。

こちらも大した手間ではないのでやっておきましょう。

 

 

 

 

いかがでしたか。

今後ブログをやろうと思ってる方、SEO対策を考えてる方はぜひやってみてください!

以上、私が実践しているSEO対策9選でした!

【スポンサーリンク】