Web Direction Magazine

新卒webディレクター。webやIT関係の記事を主に書いています。

ノンデザイナー向けツール「Canva」で簡単にアイコンを作ろう!

最近話題になっている「Canva」をご存知でしょうか。

いわゆるノンデザイナーでもきれいなデザインを作成できるという優れものです。

 

かくいう私もノンデザイナーであり、デザインセンスのかけらも持ち合わせていないド素人な訳ですが、それでもアイコンや素材を作りたい時があります。

 

そんな時に使えるのが今回ご紹介するCanvaです。

 

 

Canvaとは

www.canva.com

「Canva」は2017年5月24日に日本でリリースされたデザインツールで、PhotoshopやIllustratorなどプロ向けのツールとは違い、ノンデザイナーでも使えるツールとして注目を集めています。

2017年5月24日のTechcrunch Japanの記事によると

KDDIウェブコミュニケーションズはCanvaの独占業務提携契約を締結し、日本語版のリリースを発表した。

とのこと。

 

元々は2012年にオーストラリアのシドニーで創業して、2013年にサービスをリリースしました。その注目サービスがついに日本に上陸しました。

jp.techcrunch.com

 

テンプレートを使って簡単にポスターや名刺、アイコン、カバー画像などを作成できる機能が充実しており、初めて触る人でも直感的に操作できるインターフェイスが特徴です。デザイン初心者にとっては最高のツールなのではないでしょうか。

 

 

 使い方

 それでは実際に私が作成したブログタイトル画像を元に使い方をご紹介します。

 

フォーマットを選ぶ

作りたいアイコンや画像のフォーマットを選びます。右端の「もっと見る」を押すとデザインが大量に出てきます。

f:id:webdirection:20170529230334p:plain

 

その中から使いたいフォーマットを選びます。

今回はブログ用のタイトル画像を作成するので、赤枠のアイコンをクリックします。

すると別タブでキャンバスが開きます。

f:id:webdirection:20170529230525p:plain

 

レイアウトを選ぶ

好きなレイアウトを選ぶと、それをベースに色やフォント、文字などをいじれるので好みに合わせて編集します。

 

f:id:webdirection:20170529231106p:plain

 

ダウンロードする

出来上がった画像はダウンロードするか、共有することもできます。

f:id:webdirection:20170529231200p:plain

 

iphoneで見るとこんな感じのブログ用のタイトル画像が完成しました。

f:id:webdirection:20170529231302p:plain

 

さて、いかがでしたでしょうか。

Photoshopと比べると非常に簡単で直感的に操作できるのではないでしょうか。

私自身、Photoshopで画像をいじったこともありますが、レイヤーが大変でした。(Photoshop初心者あるあるです笑)

 

細部まで綺麗に編集する、細かい作業が可能であるという点では圧倒的にPhotoshopに軍配が上がりますが、この程度の簡単なデザインであればCanvaでもできてしまいます。

 

これから、簡単なクリエイティブ制作は Canvaで済ませちゃいましょう!

※web業界では制作物のことをクリエイティブと呼びます。